出典:デジタル大辞泉(小学館)

日本の伝説上の人物。天穂日命 (あめのほひのみこと) の子孫。垂仁天皇の命により、当麻蹴速 (たいまのけはや) と力を争って勝ち、相撲取りの祖とされる。また、皇后の死に際し、殉死の代わりに陵墓に埴輪 (はにわ) を立てることを進言し、土師臣 (はじのおみ) と称して、子孫は天皇家の葬儀をつかさどった。

[日本史/平安時代までの人物]カテゴリの言葉