のり‐か・える〔‐かへる〕【乗(り)換える/乗(り)替える】例文一覧 4件

  1. ・・・ お茶の水から甲武線に乗り換えると、おりからの博覧会で電車はほとんど満員、それを無理に車掌のいる所に割り込んで、とにかく右の扉の外に立って、しっかりと真鍮の丸棒を攫んだ。ふと車中を見たかれははッとして驚いた。そのガラス窓を隔ててすぐそこ・・・<田山花袋「少女病」青空文庫>
  2.       一 日比谷から鶴見へ 夏のある朝築地まで用があって電車で出掛けた。日比谷で乗換える時に時計を見ると、まだ少し予定の時刻より早過ぎたから、ちょっと公園へはいってみた。秋草などのある広場へ出てみると、カンナや・・・<寺田寅彦「雑記(1[#「1」はローマ数字、1-13-21])」青空文庫>
  3. ・・・上野で乗換えると乗客の人種が一変する。ここにも著しい異質の接触がある。 広小路の松坂屋へはいって見ると歳末日曜の人出で言葉通り身動きの出来ない混雑である。メリヤスや靴下を並べた台の前には人間の垣根が出来てその垣根から大小色々な無数の手が・・・<寺田寅彦「猫の穴掘り」青空文庫>
  4. ・・・市街電車へ乗り換える所へ来て、改札口で乗越賃を払おうとすると、釣銭がないと言って駅夫が向こうへ取りに行く。釣銭などでグズグズしてはいられないのでそのまますぐ駈け出したくなる。しかしあとから駅夫が大声を出して追い駈けて来たりすると気の毒だと思・・・<和辻哲郎「停車場で感じたこと」青空文庫>