出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「あおたけ」とも》

  1. 幹が青々としている竹。

  1. 染め色の名。鮮やかな緑色。

  1. 笛。

    1. 「―を雲の上人吹きたてて春の鶯さへづらすなり」〈夫木・三二〉

出典:青空文庫