あおだけ‐ふみ〔あをだけ‐〕【青竹踏み】 の意味

  1. 《「あおたけふみ」とも》二つに割った竹の上に土踏まずを乗せ、足踏みをする健康法。足の裏に多くあるつぼを刺激し、疲れを取り、代謝機能を高める効果があるという。
  • 名詞