出典:デジタル大辞泉(小学館)

さいころの目の出方など、ある事柄の起こりうる場合の総数。