出典:デジタル大辞泉(小学館)

脳底部にある線条体などが変性し、ドーパミンが不足するために起こる疾患。手指の震え、筋肉のこわばりなどから始まり、徐々に進行して高度の運動障害がみられるようになる。中年以降に多い。英国の医師パーキンソン(J.Parkinson)が1817年に報告。厚生労働省特定疾患の一。振顫麻痺 (しんせんまひ) 。

[補説]平成24年(2012)、家族性パーキンソン病患者の皮膚細胞からiPS細胞が作製され、患者に由来する神経細胞では酸化ストレスが増強され、ミトコンドリアに機能異常が生じていることが確認された。

[医学/病気]カテゴリの言葉

出典:gooニュース