出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 《毒の意》光学顕微鏡では見ることができず、細菌濾過 (ろか) 器を通過してしまう病原体。生物と無生物の中間形とされ、大きさは20~300ナノメートル。外殻はたんぱく質からなり、内部に遺伝子のDNAまたはRNAを含む。単独では生命活動を営めず、生きた細胞に寄生して生活・増殖する。濾過性病原体。バイラス。ビールス。

  1. コンピューターウイルス」の略。

出典:gooニュース