出典:デジタル大辞泉(小学館)

《主人の意》古代のシリア・フェニキア地方などで、広くセム族に崇拝されていた農耕の守護神。カナン定着後のイスラエル人はこの影響を受けたが、預言者エリヤらによって、邪神として厳しく非難された。

[宗教・思想/イスラム教・その他の宗教]カテゴリの言葉