出典:デジタル大辞泉(小学館)

錯体などで、中心原子配位結合をすることのできる配位子の数。6、4、2などになるものが多い。