はい‐おく〔‐ヲク〕【廃屋】例文一覧 3件

  1. ・・・わが心は依然として空虚な廃屋のようで、一時凌ぎの手入れに、床の抜けたのや屋根の漏るのを防いでいる。継ぎはぎの一時凌ぎ、これが正しく私の実行生活の現状である。これを想うと、今さらのように armer Thor の嘆が真実であることを感ずる。・・・<島村抱月「序に代えて人生観上の自然主義を論ず」青空文庫>
  2. ・・・新潟のまちは、新開地の感じでありましたが、けれども、ところどころに古い廃屋が、取毀すのも面倒といった工合いに置き残されていて、それを見ると、不思議に文化が感ぜられ、流石に明治初年に栄えた港だということが、私のような鈍感な旅行者にもわかるので・・・<太宰治「みみずく通信」青空文庫>
  3. ・・・蜂の巣と云いながら、やはり住む人がなくて荒れ果てた廃屋のような気がする。この巣のすぐ向う側に真紅のカンナの花が咲き乱れているのがいっそう蜂の巣をみじめなものに見せるようであった。 私はともかくこの巣を来年の夏までこのままそっとしておこう・・・<寺田寅彦「小さな出来事」青空文庫>