はい‐おとし〔はひ‐〕【灰落(と)し】例文一覧 1件

  1. ・・・「灰皿――灰落しらしいわね。……廊下に台のものッて寸法にいかないし、遣手部屋というのがないんだもの、湯呑みの工面がつきやしません。……いえね、いよいよとなれば、私は借着の寸法だけれど、花柳の手拭の切立てのを持っていますから、ずッぷり平右・・・<泉鏡花「開扉一妖帖」青空文庫>