はい‐がん【拝顔】例文一覧 1件

  1. ・・・その文句は、有難う、いずれ拝顔の上とか何とかあるだけで、すこぶる簡単かつあっさりしていた。ちっとも「其面影」流でないのには驚いた。長谷川君の書に一種の風韻のある事もその時始めて知った。しかしその書体もけっして「其面影」流ではなかった。 ・・・<夏目漱石「長谷川君と余」青空文庫>