はい‐きょう〔‐ケウ〕【背教】例文一覧 1件

  1. ・・・阿蘭陀人を背教者の故をもってか、ずいぶん憎がっているような素振りも見えるので、阿蘭陀人をして直接シロオテと対談させることもならず、奉行たちはたいへん困った。ひとりの奉行は、一策として、法廷のうしろの障子の蔭にふとった阿蘭陀人をひそませて置い・・・<太宰治「地球図」青空文庫>