ばい‐げつ【梅月】例文一覧 1件

  1. ・・・その同じ娘が 人中では顔も小ぢんまり 気どる。スースーとモダン風な大股の歩きつきで。それに対する反感。     十一月初旬の或日やや Fatal な日のこと。梅月でしる粉をたべ。 午後久しぶりでひ・・・<宮本百合子「情景(秋)」青空文庫>