はい‐しゃ【配車】例文一覧 1件

  1. ・・・ことや当直で見ていた当日の配車状態などから、供述しているのだった。「私は自分で自ら墓穴を掘りつつあるような気がします」「今でも検事に述べたことについては覆せる気持はありますが、何しろ相川判事に調書をとられたのが一番なやみの種です」 相つ・・・<宮本百合子「それに偽りがないならば」青空文庫>