はい‐しんじゅん【肺浸潤】例文一覧 1件

  1. ・・・新聞社にいたころから時々自転車の上で弱い咳をしていたが、あれからもう半年、右肺尖カタル、左肺浸潤と医者が即座にきめてしまったほど、体をこわしていたのだった。ガレーヂの二階で低い天井を睨んで寝ていたが、肺と知って雇主も困り、「家があるんや・・・<織田作之助「雨」青空文庫>