出典:デジタル大辞泉(小学館)

2種の元素からなる化合物がいくつかあるとき、一方の元素の一定量と化合する他方の元素の量は、簡単な整数比をなすという法則。1803年にドルトン原子論とともに提唱。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉

[数学/数学の言葉]カテゴリの言葉