はい‐ず・る〔はひ‐〕【×這いずる】例文一覧 1件

  1. ・・・――けれどもなまじっか人並以上の暮しをしていた悲しさで今更他人の台所を這いずる気にもなれず……」「……そういうんでは、あなたが今云った朝鮮行きもどんなものかな……一つ大決心がいるね」 一太に会話の大部分は不得要領であった。一太は、た・・・<宮本百合子「一太と母」青空文庫>