出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動タ四]

  1. あおいで風を起こす。

    1. 「大うちはで―・ちのけるがごとくで」〈狂言記・粟田口

  1. 燃える気持ちをあおりたてる。そそのかす。

    1. 「きやつは定業 (ぢゃうごふ) が―・つ」〈虎明狂・鼻取相撲〉

  1. 風のために火や薄い物が揺れ動く。ばたばたする。

    1. 「屏風をたたむ如くにて、二、三度四、五度―・つと見えしが」〈浄・源頼家源実朝鎌倉三代記