出典:デジタル大辞泉(小学館)

論理学で、思考の原理の一。相互に矛盾する二命題のうちのいずれかに真理があり、第3のものはありえないことをいう。「AはAでも非Aでもないものではない」または「AはBでも非Bでもないものではない」という形式で表される。排中律。排中法。→思考の原理

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉