出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「ハイダラーバード」とも》

インド南部、デカン高原中央部の工業都市。テランガーナ州およびアンドラプラデシュ州の州都。16世紀末にクトゥブシャーヒー朝の都として建設。インド独立時にインド亜大陸最大のニザーム藩王国の首都だった。そのためチャールミナールメッカマスジッドなどのイスラム建築が多く、1918年創立のオスマニア大学がある。人口、行政区364万、都市圏574万(2001)。
を首都とした、旧インド最大のイスラム藩王国。1724年ムガル朝から独立、1948年インド連邦に加入。支配層はイスラム教徒だったが、住民の大多数はヒンズー教徒。
パキスタン南東部、シンド州の商業都市。インダス川東岸にあり、シンド王国の首都として発展。綿紡・セメントなどの工業や宝石加工業が盛ん。周辺では米、綿花を産する。宝石加工、腕輪、刺繍などの伝統工芸が有名。人口、行政区117万(1998)。