出典:デジタル大辞泉(小学館)

ハイペロン、すなわちストレンジネスが零でないバリオンを含む原子核の総称。通常、原子核は陽子と中性子で構成されるが、そのうち1個以上がストレンジネスをもつΛ粒子Σ粒子などのバリオンに置き換えられたものを指す。原子核中の中性子を標的として、π中間子K中間子を反応させることで人工的に生成される。崩壊時に放出されるγ線の測定から核構造に関する知見が得られるため、研究が進められている。ハイパー原子核。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉