出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ふだをくばること。また、そのふだ。

  1. 荘園・公領などで、領民が負担しなければならない課役の額・分量などを記した文書。

  1. 江戸時代、役所から通達・回覧させた、犯罪人の捕縛あるいは密告を命じる手配書。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉