はい‐ぶ【背部】 の意味

  1. 背の部分。また、後ろの方。
  • 名詞
  • はい‐ぶ【背部】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・壁の隙間や床下から寒い夜風が吹きこむので二人は手足も縮められるだけ縮めているが、それでも磯の背部は半分外に露出ていた。

      国木田独歩「竹の木戸」

    • ・・・ぐったりとなった憐れな赤犬は熟睡した小児が母の手に衣物を脱がされるように四つの足からそうして背部へと皮がむかれた。

      長塚節「太十と其犬」