出典:デジタル大辞泉(小学館)

金・銀を含む鉛鉱を通気しながら熱し、酸化鉛にして骨灰などに吸収させ、あとに金・銀の粒を残す精錬法。