出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]

  1. ある区切られた空間の外から中へ移り進む。「映画館に―・る」⇔出る

  1. 中に加えられる。「不純物が―・る」「模様の―・った布」

  1. あるものの中にあるものが生じる。「ガラスにひびが―・る」

  1. ある制度に自分から加わる。「保険に―・る」

  1. 特定の社会・集団・学校などの一員となる。「大学に―・る」「テニスクラブに―・る」

  1. 一定の範囲・容量の中に収まる。「客席いっぱいに―・る」「一リットル―・る瓶」

  1. 自分のものになる。「大金が―・る」

  1. 気持ちや力などがこもる。「力が―・る」「練習に身が―・る」

  1. 利用できるよう設備される。「複写機が―・った」

  1. 10 目・耳などで感じとられる。「うわさが耳に―・る」

  1. 11 ある時期・地点に至る。「雨期に―・る」「月が山の陰に―・る」

[可能]はいれる