出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動](梵)mohaの音写。無知の意。「馬鹿」は当て字》
  1. 知能が劣り愚かなこと。また、その人や、そのさま。人をののしっていうときにも用いる。あほう。「―なやつ」⇔利口

  1. 社会的な常識にひどく欠けていること。また、その人。「役者―」「親―」

  1. つまらないこと。無益なこと。また、そのさま。「―を言う」「―なまねはよせ」

  1. 度が過ぎること。程度が並はずれていること。また、そのさま。「―に風が強い」「―騒ぎ」「―正直」

  1. 用をなさないこと。機能が失われること。また、そのさま。「蛇口が―で水が漏れる」→馬鹿になる2

[補説]元来は相手をののしる言葉であるが、相手に対する思いやり、親しみ・愛情の気持ちを込めて用いることもある。「―だな。そんなに思いつめなくていいのに」など。また、「―! あきらめるな」のように、否定や批判などの意で、感動詞的にも用いられる。
[派生]ばかさ[名]
[用法]馬鹿・阿呆 (あほう) ――「馬鹿」のほうが広い地域で使われ、意味の範囲も広い。「馬鹿に暑い」「馬鹿正直」「このネジは馬鹿になっている」のような意は「阿呆」にはない。◇「馬鹿」は関東で、「阿呆」は関西で多く使われる。
[補説] 
2015年に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2015」キャンペーンでの「馬鹿」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆考えることを放棄したさま。
MORIZOさん

◆自分の頭で考えることをしない者のこと。
もりぷーさん

◆変わろうとしない人のこと。
瑠加さん

◆言葉の発し方で、けなすことにも愛情表現にもなる不思議な言葉。
バレエ・メカニクさん

◆きれいで魅力的な女の人に耳元でそっと甘くささやかれると、どんなことでも許してしまう言葉のこと。またはそれによって簡単にだまされてしまう男のこと。
はいちゃんさん

◆一拍置いて呟く様に言うと、とんでもなく「萌え」となる言葉。
ケロッキーさん

◆愛情の裏返しの意味を持つ。連呼すればするほど「愛しい」という意味になる。素直になれない人が使用する。
えるるさん

◆自ら、一次情報を確かめることをせず、インターネット上の情報や、テレビ、伝聞、噂に基づいて、他人を見下し、攻撃する人、またはそうした性質。
larimarさん

◆関西人に対する最高の侮辱の言葉。「アホ」との誤用に注意。
MGNさん

◆時にはわざとその素振りをすることで、うまくいく時がある。
といしさん

出典:gooニュース

出典:青空文庫