出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. しきたりや通例を破って、並はずれていること。また、そのさま。「破格な(の)安値」

  1. 詩や文章などで、普通のきまりからはずれていること。また、そのさま。「破格な(の)文体」

出典:青空文庫

出典:gooニュース