はがし‐ぞめ【剥がし染(め)】 の意味

  1. 布に豆汁 (ご) を引き、その上に顔料を豆汁にまぜたものを刷毛 (はけ) で引いて乾かしたのち、竹のブラシで布の表面をこすり、顔料をすり落として模様を表す染色法。