出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副助]名詞、副詞、活用語の連体形、一部の助詞に付く。
  1. 範囲を限定する意を表す。…だけ。…のみ。「あとは清書する許りだ」「大きい許りが能じゃない」

    1. 「いそのかみ古き都のほととぎす声―こそ昔なりけれ」〈古今・夏〉

  1. おおよその程度・分量を表す。…ほど。…くらい。「まだ半分許り残っている」「一〇歳許りの男の子」

    1. 「三寸―なる人」〈竹取

  1. (「…たばかりに」の形で接続助詞的に用いて)それだけの原因での意を語調を強めて表す。…ために。「動揺した許りに制球が乱れた」「強行採決をした許りに議場が荒れた」

  1. (動詞の連体形または助動詞「ぬ(ん)」を受けて)ある動作が今にも行われようとする状態を表す。「いつでも出発できる許りになっている」「泣き出さん許りの顔」

  1. (「…たばかり」の形で)動作が完了してまもない状態にある意を表す。「銀行から引き出した許りのお金」「今出かけた許りだ」

  1. (「…とばかり」「…とばかりに」の形で)強調の意を表す。「ここぞと許り声援する」「待っていたと許りに飛び出す」

[補説]動詞「はか(計)る」の連用形が名詞化した「はかり」から転じたもので、2が本来の用法とされる。中古では12とも、用言の終止形にも付いた。1は中古以降の用法で、中世以降は2は衰え、「ほど」がそれに代わり、1は「のみ」よりも優勢になった。近世以降は、限定に「だけ」「きり」が加わるようになる。なお、「ばかり」はくだけた話し言葉では、「ばっかり」「ばっかし」「ばかし」という形も使われ、また、「っぱかり」の形になることもある。