出典:デジタル大辞泉(小学館)

《障子に萩が描いてあったところから、または前庭に萩の植え込みがあったところからという》清涼殿の一室の名。夜の御殿 (おとど) の北で、弘徽殿 (こきでん) の上御局 (うえのみつぼね) と藤壺 (ふじつぼ) の上御局との間にあった。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉