は‐きゅう〔‐キフ〕【波及】例文一覧 16件

  1. ・・・なぜと言えば、そういう宣伝は無制限に波及する気づかいがないからである。これに反して「善い事」の宣伝のほうはかえってはるかに危険であるかもしれない。なぜとならば、それはひょっとしたらどこまでも広がるかもしれないという恐れがあるからである。そう・・・<寺田寅彦「神田を散歩して」青空文庫>
  2. ・・・そうした食料品の欠乏が漸次に波及して行く様が歴然とわかった。帰ってから用心に鰹節、梅干、缶詰、片栗粉などを近所へ買いにやる。何だか悪い事をするような気がするが、二十余人の口を託されているのだからやむを得ないと思った。午後四時にはもう三代吉の・・・<寺田寅彦「震災日記より」青空文庫>
  3. ・・・その神経や血管の一か所に故障が起こればその影響はたちまち全体に波及するであろう。今度の暴風で畿内地方の電信が不通になったために、どれだけの不都合が全国に波及したかを考えてみればこの事は了解されるであろう。 これほどだいじな神経や血管であ・・・<寺田寅彦「天災と国防」青空文庫>
  4. ・・・音に伴う一種の振動は胸腔全部に波及している事がさわってみると明らかに感ぜられる。腹腔のほうではもうずっと弱く消されていた。これは振動が固い肋骨に伝わってそれが外側まで感ずるのではないかと思うのである。それにしてもこの音の発するメカニズムや、・・・<寺田寅彦「ねずみと猫」青空文庫>
  5. ・・・ドイツ自身の欠乏と混乱とがこんな所までも波及しているかという気がする。実際鶏卵や牛乳や靴の欠乏は聞くも気の毒な状態であるらしいが、ただ驚くのはかの国の科学者、特にペンと紙のほかには物質的材料を要しない種類の科学者が依然としてきわめて重要な研・・・<寺田寅彦「丸善と三越」青空文庫>
  6. ・・・ 喫茶店などで見受ける若い男女に活動仕込みの表情姿態を見るのは怪しむまでもないが、これが四十前後の堅気な男女にまで波及して来たのだとすると、これはかなり容易ならぬ事かもしれない。 天平時代の日本の都の男女はやはりこういうふうにして唐・・・<寺田寅彦「LIBER STUDIORUM」青空文庫>
  7. ・・・重いものの墜落の衝動が地に波及するという考えも暗示されている。「地下の風」の圧力が地の傾動を起こし震動を起こすという考えが、最近のマグマ運動と地震の関係に関する学説を連想させる。 津波の記事の加えられているのは地震国たるギリシア・ロ・・・<寺田寅彦「ルクレチウスと科学」青空文庫>
  8. ・・・政治の気風が学問に伝染してなお広く他の部分に波及するときは、人間万事、政党をもって敵味方を作り、商売工業も政党中に籠絡せられて、はなはだしきは医学士が病者を診察するにも、寺僧または会席の主人が人に座を貸すにも、政派の敵味方を問うの奇観を呈す・・・<福沢諭吉「学問の独立」青空文庫>
  9. ・・・その力を伸ぶるを得ず。外を以て内を制し、公を以て私を束縛するものというべし。 この悪風の弊害は、決して一家の内に止まるものにあらず。その波及する所、最も広くしてかつ大なり。ここにその一を述べん。かの政談家の常に患える所は、結局民権退縮・・・・<福沢諭吉「教育の事」青空文庫>
  10. ・・・ 世禄の武家にしてかくの如くなれば、その風はおのずから他種族にも波及し、士農工商、ともに家を重んじて、権力はもっぱら長男に帰し、長少の序も紊れざるが如くに見えしものが、近年にいたりてはいわゆる腕前の世となり、才力さえあれば立身出世勝手次・・・<福沢諭吉「徳育如何」青空文庫>
  11. ・・・では、そのようなロマンティックな要素も作品の一つの色彩とはしつつ、作者はぐっとリアリスティックに心理と経済の事情にまで広く多岐に踏みこんで、一人の君主の死が、武家社会に波及させた悲劇と生死の幾とおりもの姿を描き出している。作者はこの事件をめ・・・<宮本百合子「鴎外・芥川・菊池の歴史小説」青空文庫>
  12. ・・・ 一八四八年二月、フランスで二月革命が起りイギリス、ドイツに波及しベルギーでは戒厳令が布かれた。三月三日、ベルギー官憲はマルクスを捕え、マルクス夫人も捕縛して一晩留置場へ入れた。この無法なやりかたは、当時のブルッセル市民を怒らせた。しか・・・<宮本百合子「カール・マルクスとその夫人」青空文庫>
  13. ・・・ 今度の事変が、戦争として到達している複雑な性質は、日露戦争時代のような素朴さをふりすてて、文化、文学の面にも深刻に波及している。諸生産が統制のもとになされつつあることは、作品をその生産物としてもっている文学の領域にも無関係ではあり得な・・・<宮本百合子「今日の文学と文学賞」青空文庫>
  14. ・・・テラス、ロマンス類が、もとの軍情報部に働いていた人をやとい入れて、戦時秘史だの反民主的な雰囲気を匂わせはじめると、その風潮は無差別にぱっとひろがって二・二六事件記事の合理化された更生から文学にまで波及し「軍艦大和」のように問題となる作品をう・・・<宮本百合子「ジャーナリズムの航路」青空文庫>
  15. ・・・ 世界の大渦がキリキリと小さな渦巻となって、一つ一つの家庭に波及して参る様はなかなか壮観と申すべきでしょう。 きょうはおかしな小包をお送りいたします。白粉です。南の方に暮して居る人がおみやげに呉れ、パリのブルジョアのもので、いかにも・・・<宮本百合子「日記・書簡」青空文庫>
  16. ・・・大学生騒動はモスクワから始って、各都市に波及した。 カザンで、ゴーリキイのまわりは空虚になった。カザン大学でも騒動がはじまった。(十八歳のウラジミル・イリイッチ・ウリヤーノフだが、その意味はゴーリキイにとって不明であった。動機は、漠然と・・・<宮本百合子「マクシム・ゴーリキイの伝記」青空文庫>