出典:デジタル大辞泉(小学館)

漆工芸の技法の一。漆で模様を描いた上に金銀箔を置き、乾いたあとにぬぐって模様の部分だけに箔を残すもの。あらかじめ菱形 (ひしがた) ・短冊形などに切った金銀箔を貼 (は) るものをもいう。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉