• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

はく‐だつ【剥脱】 の意味

  1. [名](スル)表面をおおっている物がはげて落ちること。また、はぎ落とすこと。「金箔が―する」「外壁のタイルを―する」

はく‐だつ【剥脱】の慣用句

  1. はくだつせいひふえん【剥脱性皮膚炎】
  • はく‐だつ【剥脱】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・このままの形で降ったものか、それとも大きな岩塊の表層が剥脱したものか、どうか、これだけでは判断しにくいが、おそらく後者であろう。

      寺田寅彦「小浅間」

    • ・・・そのために、封建的な自我の剥脱に抗する心持と、新しい社会的事情に向っての闘争の過程で自己を拡大するため、集団的、階級的な形態で自我が認識されなければならないという事実との間に、面倒な理解の混乱が生じ勝ちであり、後者に反撥して自我を主張するこ・・・

      宮本百合子「落ちたままのネジ」

    • ・・・ 村民の経済事情が悪化し剥脱されてゆく過程、市会議員の利権あさり、官僚的冷血、自然発生的に高まりやがて無気力な怨嗟にかわってゆく村民の心持の推移などを、作者は恐らく実地にあたって調査した上で書いているのであろう。

      宮本百合子「文芸時評」