ぱく‐ぱく の意味

  1. [副](スル)
  1. 口を大きく何度も開け閉めするさま。「魚が口をぱくぱく(と)させる」
  1. 物の合わせ目などがこわれて開閉するさま。「靴の底がぱくぱくする」
  1. 盛んに物を食べるさま。ばくばく。「御飯をぱくぱく(と)食べる」
  • ぱく‐ぱくの例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ヤコフ・イリイッチはと見ると一人おいた私の隣りに大きく胡坐をかいてくわえ煙管をぱくぱくやって居た。

      有島武郎「かんかん虫」

    • ・・・犬は、そのたんびに、ぴょいぴょいと上手にとって、ぱくぱく食べてしまいます。

      鈴木三重吉「やどなし犬」

    • ・・・ただ口をぱくぱくとやって鼻さきの疣をうごめかしただけのことであったのに。

      太宰治「魚服記」