出典:デジタル大辞泉(小学館)

東洋画で、墨1色を用い、筆線を主体として描く技法。また、その絵。中国では代に発達。日本では平安時代以降に盛行し、鎌倉時代には繊細な美しさを持つ白描大和絵様式の絵巻類がつくられた。