出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 刷毛で塗ったり、汚れを払ったりした跡。

  1. 陶器の加飾法の一。白土 (はくど) を刷毛で塗って刷毛目を表し、その上から透明な釉 (うわぐすり) をかけるもの。また、その陶器。

  1. 縦糸・横糸ともに濃淡2色の糸を使い、各1本ずつ互い違いに織った細かい縞柄。表は縦縞、裏は横縞となる。刷毛目縞。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉