出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、8代将軍徳川吉宗が、庶民からの直訴 (じきそ) を受けるために設けた制度。評定所門前に置いた目安箱に訴状を投げ入れさせた。