出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《接続助詞「ば」+係助詞「こそ」》
  1. 活用語の仮定形(文語では已然形)に付く。あとの説明を成立させるのに十分な理由を、前に提示する意を表す。「親子なればこそ情愛も深いのだ」

    1. 「これをいみじと思へ―記しとどめて世にも伝へけめ」〈徒然・一八〉

  1. 動詞の未然形に付く。

    1. ㋐仮定条件を強調する意を表す。…ならば、きっと。→こそ

      「げにそこよりと言は―、かたくなはしく見苦しからめ」〈かげろふ・中〉

    2. ㋑(中世以降終助詞的に用いて)強い否定の意を表す。…などするものか。…絶対ない。「押しても引いても動かばこそ」「情け容赦もあらばこそ」

      「新宮 (しんぐう) 熊野の地へ敵に足を踏ませ―」〈義経記・三〉