出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]

  1. 物と物との間にはいる。両側から押さえられて、動けない状態になる。「ドアに手が―・る」

  1. 対立するものの間にはいる。「労使の間に―・って苦慮する」