出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「はじ」とも》

  1. 中央や中心からいちばん離れた部分。

    1. ㋐細長いものの先端や末端。「棒の端」「行列の端」

    2. ㋑ある場所や空間内の、周辺に近い部分。「手紙の端に書き添える」「机を部屋の端に寄せる」

  1. 物を切り離したうちの、小さい方。切れはし。「革の端」

  1. 物事の、核心から遠い部分。重要でない部分。また、全体の中の一部分。「言葉の端をとらえる」

  1. 物事の初めの部分。順序の1番目。「問題を端から解く」「聞いた端から忘れる」

  1. 建築物で、外に面した所。表に面した部屋・出入り口や廂 (ひさし) ・縁側・簀子 (すのこ) など。

    1. 「―に出でゐて、…頭かい梳 (けづ) りなどしてをり」〈大和・一四九〉

  1. 書物などの冒頭。また、序文。

    1. 「―に書くべきことを奥に書き」〈賀茂女集〉

  1. 物事のおこりはじめ。端緒。また、とっかかり。

    1. 「逢ひ見むと言ひ渡りしは行く末の物思ふことの―にぞありける」〈千載・恋四〉

  1. 中途半端の意で、自分の地位・身分などを謙遜していう語。はしくれ。

    1. 「木にもあらず草にもあらぬ竹のよの―に我が身はなりぬべらなり」〈古今・雑下〉

  1. 端女郎 (はしじょろう) 」の略。

    1. 「あの太夫の―へ下りるは間のないこと」〈浮・万金丹・一〉

  1. 10 (「端に」の形で接続助詞的に用いて)…する間に、一方では。…するかたわらで。

    1. 「うち嘆き萎 (しな) えうらぶれ偲 (しの) ひつつ争ふ―に木の暗 (くれ) の四月し立てば」〈・四一六六〉