出典:デジタル大辞泉(小学館)

小児に多い発疹性 (ほっしんせい) の急性感染症。学校感染症の一。感染症予防法の5類感染症の一。病原体は麻疹ウイルスで、飛沫 (ひまつ) 感染する。約10日の潜伏期間を経て、発熱・咳 (せき) ・目の充血など風邪のような症状で始まり、口の中に白斑が現れ、特有の赤い発疹が出て顔から全身に広がる。肺炎を併発して死亡することもある。ワクチン接種によって予防できる。ましん。

[補説]予防接種の普及により減少していたが、平成19年(2007)の4月から6月にかけて10代・20代を中心に大流行した。事態を重くみた厚生労働省は「麻疹排除計画」を策定し、平成20年度(2008)から5年間の期限付きで、中学1年生および高校3年生にも定期接種として補足的接種を行った。

[医学/病気]カテゴリの言葉