出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動カ五(四)]
  1. 曲げた物が元に戻る力で打つ。また、はね飛ばす。「おはじきを―・く」「爪先で弦を―・く」

  1. 寄せつけない。受けつけない。はねのける。「このレインコートはよく水を―・く」「鋼鉄の板が銃弾を―・く」

  1. そろばん玉を指で動かす。転じて、計算する。「そろばんを―・く」「損得を―・いてみる」

[可能]はじける
[動カ下二]はじける」の文語形。