出典:デジタル大辞泉(小学館)

和歌山県南東部、東牟婁 (ひがしむろ) 郡串本町にある岩石群。海岸から大島(紀伊大島)に向かって長さ約850メートル、大小40余の柱状の岩が一列に並ぶ。西側の海岸は遠浅で海水浴場として有名。国指定名勝・天然記念物吉野熊野国立公園に属する。名の由来は、昔、空海が大島に渡る橋を一夜で架けようとして橋の杭をほとんど造り終えたとき、天 (あま) の邪鬼 (じゃく) にだまされて夜が明けたと思い中断したという伝説から。

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉