出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. 計算の結果、ちょうどきりのよい数量を基準にしたときに現れる過不足の数量。「端が出る」「端を切り捨てる」

  1. 端金 (はしたがね) 」の略。

    1. 「手切れの―にはあらざりけんを」〈一葉・暁月夜〉

  1. どちらともつかないこと。中途半端なこと。また、そのさま。

    1. 「―に延びた命の断片を、運動で埋める積りで歩くのだから」〈漱石・彼岸過迄〉

    2. 「御子は立つも―、居るも―にてゐ給へり」〈竹取
  1. 端女 (はしため) 」の略。

    1. 「𠮟りとばさるる―の身」〈一葉大つごもり