出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「はしとみ」とも》謡曲。三番目物。内藤藤左衛門作。紫野 (むらさきの) 雲林院の僧が五条辺りを訪ねると、夕顔のからまる半蔀を押し上げて女が現れ、光源氏夕顔の上のことなどを語る。

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉