出典:デジタル大辞泉(小学館)

橋を守るという女神。特に山城の宇治の橋姫が有名。
源氏物語第45巻の巻名。薫大将、20歳から22歳。出家を志す薫が宇治の八の宮を訪ね、二人の姫君に心を動かされること、自分の出生の秘密を知ることなどを描く。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉