出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸中期の俳諧作法書。1冊。享保11年(1726)刊。芭蕉の作といわれるが、各務支考 (かがみしこう) の偽作かとされる。蕉風俳諧の付合 (つけあい) の作法25か条を説いたもの。貞享式 (じょうきょうしき) 。

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉