出典:デジタル大辞泉(小学館)

破傷風の病原菌。グラム陽性桿菌 (かんきん) 嫌気性で、土壌中に存在する。明治22年(1889)北里柴三郎が培養に成功し、抗毒素血清を作った。