出典:デジタル大辞泉(小学館)

[190~228]中国、三国時代蜀漢 (しょっかん) の武将。字 (あざな) は幼常。諸葛亮 (しょかつりょう) に重用され、先鋒の総大将に任ぜられたが、軍令に背いて戦い敗北したので、軍律に従い、亮が涙をふるい処刑したという「泣いて馬謖を斬る」の故事で知られる。

[世界史/世界史の人物]カテゴリの言葉